su+ | food material products

su+ | food material products

【su+MOVIE】Eri Shimatsuka / MIYAKO Culture hunting

2018.04.27/column

テキスタイルデザイナー島塚絵里が、沖縄・宮古島のHOTEL LOCUSのために描き起こした図案のテーマは「宮古の民工芸」。ホテルの客室ラグ、クッション等のインテリアや、トートバッグ、手ぬぐい等の雑貨小物に展開されています。そのデザインの源泉となった宮古島の自然、歴史、文化を辿る動画ができました。

(撮影・編集 Naoki MIYASHITA/ Terminal81 Film

 

 


ヘルシンキ在住のテキスタイルデザイナー。13歳の夏にフィンランドにホームステイして以来、すっかりフィンランドの人や自然に魅了され、後に彼の地に舞い戻る。20代の頃の3年間を沖縄で過ごす。西表島の染色家との出会いがきっかけでテキスタイルデザインを志し、「沖縄は第二の故郷のよう」と話す。マリメッコなど国内外のテキスタイルブランドで活躍中。(HP|www.erishimatsuka.com

 

produced by su+(スプラス)
su+は2017年春にUDS内に発足したプロダクトチームです。その土地、地域に根ざした素材、文化、人にフォーカスして、ホテルの家具、備品、アート等のプロデュースを行っています。HOTEL LOCUSでは、ホテルのインテリアと関連した雑貨小物の開発も行い、ホテルのコンセプトショップや、原宿の直営店などで販売しています。ポップアップ展開、卸売などご相談ください。

東京都渋谷区神宮前1-19-19 1F  03-5413-3940 / contact@hello-suplus.jp
運営会社 UDS株式会社 www.uds-net.co.jp

(su+谷口)

Share this post

【HOTEL LOCUS】②テキスタイル図案に込められた意味

2017.10.27/column

前編を読む(島塚絵里さんによるオリジナルテキスタイル)>

フィンランド在住のテキスタイルデザイナー、島塚絵里さんと対話を重ねて生み出された4つの図案。その背景にあるストーリーを、詳しくご紹介していきます。

①UMU


苧麻(ちょま)などの繊維を細く長く撚りあわせ糸にする作業を績む(うむ)と呼びます。
布になる前の糸、糸になる前の植物繊維をイメージした柄で、自然物に最初に人間の手が加わり、無から有が生み出されるその作業には、子々孫々に連綿とつづく人間の営みにも似た尊さがあるように思います。(「産む」「海」とも語源を同じくします)
ある宮古上布の織り手の方が、「糸を績んだ人の気持ちを考えると、織らずにはいられない」とおっしゃるのを聞くと、ものづくりとは人の手から人の手へのリレーなのだと、感じずにはいられません。

②AMU


宮古上布の柄の一つに「パザ」と呼ばれる網代編みのモチーフがあります。太古よりクバやアダンなどの植物を使い、生活用品を編んだことに起源を持つと推測される、宮古島を代表する柄をアレンジしました。

③KASURI-ICHIMATSU

④KASURI-SHIMA


あらかじめ文様にしたがって染め分けた糸を用いて織り上げた模様織物を絣(かすり)と言います。その技法は、インドで生まれてタイ・カンボジア・ベトナム・インドネシアなど東南アジア各地で発展し、14~15世紀に琉球へ伝わりました。その柄一つひとつに、土地の歴史と文化に根ざした意味と名前があります。

出典:織の海道 vol.04 かすり ~デザインの源流

「KASURI-ICHIMATSU」と「KASURI-SHIMA」この2つの柄では、宮古島の織物に頻繁に登場するモチーフを選び、その新しい魅力を伝えるべく大胆にレイアウトしています。
また、かつて宮古にあったハジチと呼ばれる刺青文化にも、これらのモチーフが単なる織物の柄以上に、深く生活に根ざした意味を持っていたことが伺えます。


是非、実際に宮古を訪れ、長くその土地に育まれた民芸・工芸に触れに来てください。
HOTEL LOCUSでは、「編む」ワークショップの開催なども予定しています。

どうぞお楽しみに!

(担当:su+谷口)

前編を読む(島塚絵里さんによるオリジナルテキスタイル)>

Share this post

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ニュースレターを購読する

  • tag