su+ | food material products

su+ | food material products

【su+と住まい】+U プロジェクト始動!

2018.06.01/column

(はじめに)コーポラティブハウスのリーディングカンパニーとして

実は日本のコーポラティブハウスのリーディングカンパニーとして知られるUDS。下の写真はUDSがかつてコーディネートを手がけた、とあるコーポラティブハウスの外観です。集合住宅でありながら、一戸一戸が住まい手のニーズやライフスタイルに合わせて自由設計されたその外観には、住民一人一人がそれぞれの個性に沿った暮らしを、そして人生を豊かに楽しむ様子が映し出されています。

コーポラティブハウスとは、入居希望者が集まり組合を結成し、その組合が事業主となって、土地取得から設計者や建設業者の手配まで、建設行為の全てを行う集合住宅のこと

su+(スプラス)|「素材」の魅力を引き出すアイディアをプラス

そんなUDSから2017年に新たに誕生したプロダクトブランドがsu+(スプラス)。建材、家具、雑貨やアートまでを扱い、「素材」そのものが持つ個性や魅力を引き出し、際立たせるためのデザインやアイディアをプラスすることで空間に見たことのないワクワクを提供しています。

その活動は、沖縄などその地域の素材(土、植物、布など)を使った、ホテルの内装やショップ商品のプロデュースから始まりました。それは「旅人にとっての非日常」=「地域の日常」をどうリンクし演出するか?ということに加えて、ショップで販売する雑貨まで独自に手がけることで、旅人の「日常」にまで入り込んでいくというアプローチです。

su+がアート・ショップ等のプロデュースを手がけた沖縄県宮古島のHOTEL LOCUSより

住宅において一番の素材は「人」

そんなふうにして、ホテルを主舞台に、人々の日常と非日常を行ったり来たりしながら考えている中で、全ての人の「日常」の器となる「住まい」のあり方にも、ずっと興味が惹かれていました。素材にこだわるsu+が「住宅」を考える時、向き合うべき一番の素材はなんだろう?・・・

辿りついた答えは、そこに住む「人」そのもの。では、su+が手がける領域(建材、家具、雑貨、アート等、建築以外のインテリアに近い部分)において、そこに住む人の個性を引き立て、輝かせるために、どんなアプローチができるだろう?

そんな時に出会ったのが、時代に合わせてユーザーニーズをとらえ分譲マンションを供給し続けてきた新日鉄興和不動産様が、シングルライフの新しい価値観を研究する「+ONE LIFE LAB」でした。

+ONE LIFE LAB 銀座ギャラリー内モデルルーム

新日鉄興和不動産様|+ONE LIFE LABとは?

+ONE LIFE LAB」とは、単身世帯のライフスタイル、価値観、未来像をあらゆる視点から考察し発信、カタチにして提案する暮らしの研究所。社内外からメンバーが集い、変わりはじめた“シングルライフの新しい価値観”に、もっともっと寄り添うために、一人ひとりがさらに豊かでプラスな生活を実現できるための手法をデータリサーチ、それを実際に商品としてユーザーに提案されています。

コラボ企画:+U プロジェクト始動!

そんな「+ONE LIFE LAB」と「su+」が、互いの思いに共鳴する形でこのたびスタートさせたのが「+U プロジェクト」。“住まいにおけるカスタマイズの新しいスタンダード”を探求するプロジェクトです。su+から提供させて頂いたロゴデザインには、全ての人が、自分らしさとは何かを知り、それを気軽に表現できる自由で多様な未来を願う気持ちが込められています。

”自分らしくカスタマイズ”できるデザインのプラットフォームを

先日UDSにて行われたキックオフミーティングでは、住まいを自分らしくカスタマイズするための、デザインのプラットフォームを作れないか?というテーマで対談。

最近はレーザーカッターや3Dプリンタなどデジタル・ファブリケーションの台頭を受けて、ものづくりが変わってきています。大きさや色の変更などが簡単にできるようになり、小ロットでのものづくりがしやすくなってきました。

コーポラティブハウスは2年という長い時間をかけて作り上げていきますが、どのようにすればその考え方をもっと気軽に、分譲マンションという形態に取り入れられるか?そんな議論が交わされていきました。(→2社による対談の詳細はこちら

研究成果を「+ONE LIFE LAB 銀座ギャラリー」に展示

そしてこのたび、「+ONE LIFE LAB」の研究成果のひとつとして、新日鉄興和不動産様の銀座ギャラリーにてsu+の常設展示が実現しました。「自分らしさの表現」をテーマにサービスを提供されている2つのサービスとコラボレーションし、一人暮らしだからこそ思いきり自分らしく楽しめる空間づくりを提案しています。

コラボレーション先としてご紹介しているサービスの1つめは、シンデレラプランニングが提供する「88診断」というサービス。7万人の統計データを元に開発された科学的なメソッドで、すべての人を22通りのテイスト傾向×4通りのカラー傾向(=全88通り)に分類し、その人の本質やその魅力を引き出すデザインをアドバイスしてくれます。「自分らしい空間」を作ろうとする時に、まずは「本当の自分らしさってなんだろう?」と向き合い、知ることが大切との考えから、コラボレーションが実現しました。

2つめのサービスは、素材・色・柄サイズ等のカスタマイズも可能な壁紙ブランド「WhO」。上記の88診断士のアドバイスのもと、22テイストに分類された豊富なデザインストックの中から壁紙を選定し、空間を自分らしく演出できます。また、壁紙とお揃いのスツールや、クッションをオーダーメイドで作れるサービスを、su+がご提供しています。

そしてこの企画、単なる研究展示に止まらず、なんと実際の分譲マンションの物件で実現することに!こちらは別記事で詳しくご紹介させていただきます。

 

DIYイベントのお知らせ

そんな“自分らしさ”を暮らしにプラスするをテーマに、2018年6月24日(日)、自分好みのデザインの紙でカルトナージュを作れるDIYイベントを開催します。カルトナージュとは、厚紙で作った箱に紙などを貼り付けるヨーロッパの伝統的な手芸です。デスクや玄関に置いて、お菓子入れやキーボックスとして利用してみると、暮らしにもっと愛着が湧くでしょう。どなたも無料でご参加頂けますので、是非お気軽にご予約下さい!(詳細・ご予約はこちら

●日時 2018年6月24日(日)①10:30~・②13:30~(各回1時間半程度) ●参加費 無料 ●定員 各回8名 ●年齢 20歳以上 ●場所 +ONE LIFE LAB 銀座ギャラリー

 

銀座ギャラリーのご紹介・アクセス

ここ銀座ギャラリーには、理想の1LDKを形にしたコンセプトルームや、ゆったりとくつろげるライブラリーなどがあり、イベントやセミナーなど、大人のひとり暮らしを豊かにするさまざまな情報発信をされていく場所になります。是非お気軽にお立ち寄りくださいね!

(su+谷口)