su+ | food material products

su+ | food material products

【HOTEL LOCUS】耐熱性のオリジナル琉球グラス

2017.12.26/column

UDSが沖縄で手がける初めてのリゾートホテル「HOTEL LOCUS」(ホテルローカス)が、2018年1月22日、宮古島にグランドオープンします。 「LOCUS」とは、ラテン語で「LOCAL」の意味。宮古島を楽しむ様々なアクティビティや、地元のカルチャーとつながる、新しい形のリゾートホテルです。
www.hotellocus.com

全室オーシャンビュー、ビーチまで歩いて5分の好立地

レセプション横にはsu+が手がけるコンセプトショップが

今回は、HOTEL LOCUSのためにオリジナルで製作した琉球グラスについてご紹介させて頂きます。

そもそもこのグラスをオリジナルで作ろうとしたきっかけは、ホテルに併設するレストラン LOCUS TABLE で、沖縄の工芸の琉球グラスを使用したいという思いが強くあったためです。通常、ホテルやレストランで使うグラスは耐熱性で洗浄機が使える必要があるため、琉球グラスのような工芸品を採用することは難しいというのが現状。それならば、自分たちで作ってしまおうということに。

調べてみると名護市本部町の「やんばるガラス工芸館」で沖縄で、初の耐熱仕様のグラスを製作しているとのこと。さらに「熱いコーヒーを自分でつくった琉球ガラスで飲みたい」という思いから、10年かけて耐熱仕様のグラスを開発した山田徹さんが、偶然にもUDSの社員の叔父様ということが判明。そこから交渉はスムーズに進み、念願の耐熱性のオリジナル琉球グラスを作れることとなったのでした。

やんばるガラス工芸館。色・形など、納得がいくまで試作を重ね・・・

沖縄の伝統的な工芸品でありながら、耐熱仕様でモダン。今までに無い新しい琉球グラスを、納得がいくまで何度も試作を重ね、半年をかけて完成させました。HOTEL LOCUSから見える宮古島の美しい景色をそのまま取り込んだような、美しいブルーのグラデーション。併設するショップでも販売いたします。

宮古島の海や空の青さをグラデーションで表現。機能性も兼ね備えているので、お土産にもおすすめです。

(担当:su+菓子)