su+ | food material products

su+ | food material products

2017.10

【HOTEL LOCUS】②テキスタイル図案に込められた意味

2017.10.27/column

前編を読む(島塚絵里さんによるオリジナルテキスタイル)>

フィンランド在住のテキスタイルデザイナー、島塚絵里さんと対話を重ねて生み出された4つの図案。その背景にあるストーリーを、詳しくご紹介していきます。

①UMU


苧麻(ちょま)などの繊維を細く長く撚りあわせ糸にする作業を績む(うむ)と呼びます。
布になる前の糸、糸になる前の植物繊維をイメージした柄で、自然物に最初に人間の手が加わり、無から有が生み出されるその作業には、子々孫々に連綿とつづく人間の営みにも似た尊さがあるように思います。(「産む」「海」とも語源を同じくします)
ある宮古上布の織り手の方が、「糸を績んだ人の気持ちを考えると、織らずにはいられない」とおっしゃるのを聞くと、ものづくりとは人の手から人の手へのリレーなのだと、感じずにはいられません。

②AMU


宮古上布の柄の一つに「パザ」と呼ばれる網代編みのモチーフがあります。太古よりクバやアダンなどの植物を使い、生活用品を編んだことに起源を持つと推測される、宮古島を代表する柄をアレンジしました。

③KASURI-ICHIMATSU

④KASURI-SHIMA


あらかじめ文様にしたがって染め分けた糸を用いて織り上げた模様織物を絣(かすり)と言います。その技法は、インドで生まれてタイ・カンボジア・ベトナム・インドネシアなど東南アジア各地で発展し、14~15世紀に琉球へ伝わりました。その柄一つひとつに、土地の歴史と文化に根ざした意味と名前があります。

出典:織の海道 vol.04 かすり ~デザインの源流

「KASURI-ICHIMATSU」と「KASURI-SHIMA」この2つの柄では、宮古島の織物に頻繁に登場するモチーフを選び、その新しい魅力を伝えるべく大胆にレイアウトしています。
また、かつて宮古にあったハジチと呼ばれる刺青文化にも、これらのモチーフが単なる織物の柄以上に、深く生活に根ざした意味を持っていたことが伺えます。


是非、実際に宮古を訪れ、長くその土地に育まれた民芸・工芸に触れに来てください。
HOTEL LOCUSでは、「編む」ワークショップの開催なども予定しています。

どうぞお楽しみに!

(担当:su+谷口)

前編を読む(島塚絵里さんによるオリジナルテキスタイル)>

【HOTEL LOCUS】①島塚絵里さんによるオリジナルテキスタイル

2017.10.26/column

UDSが沖縄で手がける初めてのリゾートホテル「HOTEL LOCUS」(ホテルローカス)が、2018年1月22日、宮古島にグランドオープンします。 「LOCUS」とは、ラテン語で「LOCAL」の意味。宮古島を楽しむ様々なアクティビティや、地元のカルチャーとつながる、新しい形のリゾートホテルです。
www.hotellocus.com

全室オーシャンビュー、ビーチまで歩いて5分の好立地

レセプション横にはsu+が手がけるコンセプトショップが

su+が手がけるのは、客室やレストランの備品や、コンセプトショップのプロデュース。中でも特にご注目いただきたいのが、HOTEL LOCUSのために一から図案を起こしたオリジナルテキスタイルシリーズです。

デザイナーに迎えたのは、フィンランドを拠点に、マリメッコを始めとする世界のテキスタイルブランドで活躍される島塚絵里さん。

実は島塚さん、20代の頃に西表島の染織家の工房で研修され、染色のいろはを体験されたそう。沖縄は第二の故郷のよう、とおっしゃる島塚さんですが、沖縄でテキスタイルデザインの仕事をされるのも、ホテル空間とのコラボレーションも、初めてのご経験だそう。

遠く離れたフィンランドの地とskypeを通じてsu+メンバーと何度も対話を重ね、お互いのイメージを擦り合わせて行きました。「宮古の循環する水」「宮古上布を始めとする絣(かすり)織のモチーフ」の2つの方向を軸に出して頂いたたくさんのイメージ図案の中から、最終的に4案が選ばれ、ブラッシュアップされました。

テーマは「宮古の民・工芸」。

そして、卓越したカラーセンスをお持ちの島塚さんが選んだキーカラーは、琉球藍を思い起こさせる深いネイビーと、宮古の海を連想する鮮やかなターコイズ。(余談ですが、島塚さんフィンランド人の旦那様は建築家、1歳になる娘さんの名前には「藍」の字が入っていて、素敵なご縁を感じました!)

ホテルオープン前ですが、特別にデザイン公開させていただきます。

歴史と気候が育んだ沖縄らしさと、広く世界に通じるモダンさを併せ持った素敵な図案に仕上がりました!

これらのデザインは、クッションやラグ等のインテリアや、バッグやポーチ、ノート等の雑貨に展開させていただく予定です。ホテル滞在中、空間体験を通じてお楽しみいただくのはもちろん、お土産品としてショップでご購入いただき、いつでも宮古の空気を手元に感じていただくことができます。

詳しい商品のご紹介はまたの別の記事にて・・・

1月22日のホテルオープンに先駆けて、年始よりsu+原宿ショップにて販売を開始予定です。また春先よりポップアップ展開なども企画しておりますので、どうぞお楽しみに!

 

(担当:su+谷口)

後編に続く(図案に込められた意味)>

2017.10.20「週刊ホテルレストラン」掲載

2017.10.20/news

11月20-22日開催の国際見本市「IFFT/インテリア ライフ スタイル リビング」を特集した『週刊ホテルレストラン』にて、UDSがディレクションを手がけるアトリウム特別企画が紹介されました。

週刊ホテルレストラン HOTERES

プロジェクトを担当する戦略プロジェクト室 執行役員 黒田、COMPATH / su+ 菓子が表紙を飾り、巻頭特集ではインタビューが掲載されております。
ぜひご覧ください。

su+では、IFFTのUDSブース内にて、沖縄で手がける初めてのリゾートホテル「HOTEL
LOCUS」(ホテルローカス)のオリジナルプロダクトを展示いたします。
また、特別企画オリジナルのトートバッグも制作、アトリウムエントランスのポップアッ
プブースにて販売をしております。
会期中にぜひ、足をお運びください。

IFFT概要はこちら。
11月20日(月)-22日(水)10:00-18:00
*最終日は17:00まで
東京ビッグサイト(東京国際展示場) 西ホール
*su+は、アトリウム特別企画ブース ブース番号【S-01】UDSブース内で出展

関連記事はこちら

 

(担当:su+菓子)